朝来市は創業支援事業の認定を受けました

朝来市は「産業競争力強化法」に基づく「創業支援事業計画」の認定を5月20日付けで受けました。

産業競争力強化法では、地域の創業を促進させる施策として、市区町村が民間事業者と連携し、創業支援を行っていく取り組みを応援することとしています。

本市においては、6月10日から相談業務をスタートした「あさご元気産業創生センター」は「商工会」と連携し、「財務」「経営」「人材育成」「販路開拓」についての研修「創業塾」を実施します。

規定する回数の「創業塾」を受けた方に対して、受講したことを証明する「証明書」を発行いたします。

証明書を交付された創業予定者の方は、いくつかの支援措置が受けられます。

創業塾の開催日程は、追ってお知らせします。(2015年10月の開催を予定)

創業を支援する措置

規定回数の創業塾を受講された方には、創業に際し以下の措置を受けることができます。

(1)株式会社を設立する際、登記に係る登録免許税が軽減されます。(資本金の0.7%から0.35%へ 最低税額15万円から7.5万円へ)

(2)無担保、第三者保証人なしの創業関連保証の枠が1,000万円から1,500万円に拡充されます。

(3)創業2ヶ月前から対象となる創業関連保証が、具体的な計画があれば創業6ヶ月前に前倒しで利用できます。

 

お問い合わせ

あさご元気産業創生センター A-pic(朝来市役所経済振興課内)まで

住 所 朝来市和田山町東谷213番地1 朝来市役所本庁舎2階

電 話 079-672-2816(直通)

E-mai    keizai@city.asago.hyogo.jp

当センターは、6月10日から窓口相談業務をスタート。創業に関する相談のみでなく、既存事業者の方の異業種連携や販路拡大等「やる気」のある方をサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。(相談は予約制です)

2015.7.10