株式会社タクミナ

株式会社タクミナ

精密定量ポンプのリーディングカンパニー。独創的なシステムを生み出す、生産本部・開発センター

「知」と「匠」の拠点。

昭和三一年、朝来市生野町に山彦産業として産声を上げた。
創業者の山田利雄は、飲み水が原因による伝染病の流行を解消したい、そんな思いから自宅を工場にして、吸入式塩素減菌機の製造販売を開始。
昭和四一年には、国産初の動力付き定量ポンプ「NフィーダーS型」を開発。薬液注入ポンプ・塩素減菌機として、高い評価を得ると共に、小中学校へのプール設置など、時代の二—ズと合致し広く普及する。これが定量ポンプメーカーの礎となる。
その後、「水質汚濁防止法」に伴う産業排水の処理課題を解決するシステムの製品化、さらに生産現場の二—ズに対応した独創的な精密ポンプの開発と、常に時代の問題点を捉えた業務展開を行っている。「うちは、取引先と機密保持・品質保持契約を結んでいるので、話せることは少ないのですが」と語る執行役員の井上博公・技術部長兼開発センタ—長に進化する株式会社タクミナの原動力等についていろいろと伺った。

業界をリードするオンリーワンの開発力。

課題・条件に応じた最適な一台を。

お客さまのニーズを受けて、要ま望されたものをカスタマイズして作り上げており、一品一品でも対応できるのが強みと考えています。
それぞれの市場で今、お客さまが要求されているものを作り込むことこそが、これからも重要ではないかと思っています。
工場の排水処理や下水処理に使うポンプのニーズもありますが、今、主力は工場の中のメインで使う流体移送ラインに組み込むポンプです。
お客さまが要望されるあらゆる液体を定量的(一定時間に決められた量を送る)に、送るポンプなので、どちらかと言うと工場の中のプロセスのほうで使われています。
お客さまが、新たにプロセスラインを立ち上げられる際や、既存のプロセスラインの問題解決にあたって、お客さまと一緒になって取り組む、そんなフレキシブルな動きができる企業だと思います。

世界初の「吐出量自動補正機能付定量ポンプ」を開発。

体制御のエキスパートが集ifrう開発センターでは、各種分析装置や、流体解析、応力解析のシミュレーションシステムなどを駆使し、流体移送の新たな可能性に挑戦しています。
また、実際に使用される液体をお預かりして、ポンプの評価試験を行える「実液試験室」も設置しております。高精密な流れを作り出す「スムーズフローポンプ」や、世界初の「吐出量自動補正機能付定量ポンプ」などの開発を通じて、多様化・高度化するお客様ニーズに応えています。

  • 取材イメージ

大学や各メーカーとの共同開発も推進。迅速な試作品づくりが弊社の強みのひとつ。

機密保持・品質保持契約
んあるので、なかなか公には出来ない部分もあるのですが、大学や大手企業さん、素材メーカー・部品メーカーとの共同研究・共同開発もこの生野でやっております。
生野には、弊社の技術者・開発者が集結しており、また加工、組み立てを行う工場もここ生野にありますから、開発部門のほうで図面を作成すると翌日には試作品がすぐに出来上ってきます。スピード感ある開発というのは強みのひとつかも知れないですね。

製品の開発から製造・出荷まで、一貫した品質管理。

品質の保持は、製造部門ではQCサークル活動を行っていますし、開発部門では、VE(バリューエンジニアリング)を推進しています。
製造現場は、日々の作業の中で口叩質管理や品質改善に努めており、開発現場ではコストを考え、価値を落とさずに価値を高めていこうという活動の繰り返しです。それにより生産性・コスト意識などを高め、信頼される品質の保持につなげています。

ベテラン開発者のノウハウを、実務の中で継承する体制。

開発関係は定年を迎えて、継続雇用された方のノウハウがあるので、月に一回ほど塾というカタチで、今の基礎を作ってきた方から、その技術を若い人に教えてもらう取り組みをしています。あとは実際に開発をしていく中で、数名のチームの中に入ってもらい顧問的な活動を行っています。
うちは中堅企業ですので、開発者の人数も大手さんのようにはいきません。入社数年目の若手社員がチームに入って、ある部分を任せられながら、先輩と一緒になって製品開発に取り組むことが多いので、実務の中で技術を身に付けるのが一番いいと思いますね。

  • 取材イメージ

タクミナの技術力は、世界品質へ。

企業理念に「独創的な技術で世企界に役立つ」とありますが、タクミナの製品は海外で一―10年以上にわたって、広く活用されており、現在、海外十八ヶ国に販売ネットワークを展開しています。平成――五年には、米国イリノイ州に現地法人を設立。弊社の精密定量ポンプが、世界各国の流体移送の場で役立てられ、高い評価を得ています。
今後も継続して、メイド・イン・ジャパンの品質と、きめ細かなサービスを世界の市場にも提供していきます。

生産本部、開発センターとして、人・地域を大切にしたい。

この生野が創業地でもある弊社は、地域とのつながりを大切にしています。毎年環境ボランティアということで、年に一回七月に清掃活動を行っています。また市川のゴミ拾いとか周辺の草刈りをしたりしています。さらに地域の社員が多いので、消防団活動への参加についても会社として理解し、社員が出動しやすい体制づくりをしています。
また、お客様と一緒になって、独創的な開発を推進するためにも、個性豊かな人間性を育む環境づくりにも力を入れています。

  • 取材イメージ

株式会社タクミナ

代表者名 代表取締役社長 山田信彦
事業所名 株式会社タクミナ(本社
住所 大阪市中央区淡路町2-2-14北浜グランドビル10階
地図
電話番号 06-6208-397 l
FAX番号 06-6208-3977
事業所名 生産本部:朝来市生野町口銀谷2173
会社イメージ 会社イメージ
住所 朝来市生野町口銀谷2173
地図
電話番号 079-679-3331
FAX番号 079-679-2481
ホームページ WEB サイトはこちら
保有認証等

IS09001 (1999年3月)

IS014001 (1999年12月)

特許件数 96件

業務内容

弊社は、ダイヤフラム(隔膜)を朔プコア技術とした高精密定量ポンプなどの流体供給機器から計測・制御機器まで、トータルな流体制御システム機器の開発設計・製造を行っています。ここ生野では、高精度・高機能ポンプ技術を追求し、幅広い産業にポンプを中心とした独自の製品を提供し続けています。

さまざまな流体移送ニーズに応える製品の開発やシステムの構築を通じて、進化する製造プロセスの課題や要望に迅速に対応。